マンションで売れる便利ポイントとは、今の時代が物語るポイント

今すぐイエウールに見積を出してもらう イエウール公式サイト

1、駅から近い

駅から近い物件というのは、賃貸にしても分譲にしても人気の物件といえます。

今は、通勤に関しても通学に関しても電車を使用する人が増えてきているので、駅からの近さがポイントになってきます。

駐車場の有無というより、駅からの近さがメリットになります。

2、オートロックがついていること

今の世の中セキュリティ面を重視する方がおおくなっているので、戸建て物件ですとそうもいかないのですが、マンションですとオートロック機能がついていることが優先されます。

お子さんがいる家庭だとなおさら、セキュリティ面は気にするおうちが多いようです。

3、宅配ボックスがある

マンションでも宅配ボックスがない物件もあります。

今は、働きに出ていて、日中に家にいない世帯が多いですし、今の時代、ネットで購入する機会がふえています。

そういった場合に、宅配ボックスがついていることがとっても便利になってきます。

時代によるとおもいますが、宅配ボックスがあるのとないのでは結構違うみたいです。

今は、共働き世帯が多いので、生活していく上での、通勤が通学で便利なポイントが重視されます。

マンションでも便利なポイントがたくさんある物件は契約が早いみたいです。

急いではダメ!不動産売却をする前に気をつけておきたい3つのこと

不動産を売却する時、早い段階で高く売れる事が理想的ですが、売りを急ぐと高く売れる物件が安くなる場合もあるので、土地の立地や相場などを考慮して見極めていく事が大切です。

不動産売却の際に、気をつけておきたい事が大きく分けて3つあり、1つはそのままで売却出来るか、2つ目は土地の査定価格、3つ目は売却方法についてです。

家を売る時には、老朽化が著しい場合リフォームしたり、解体してから売り出す事がありますが、これらには費用がかかる為、行うか否かは難しい部分です。

少しで高く売る為に行う事ですが、これらを行って高く売るのか、古い状態で売りその分安くするか見極めが重要です。

土地の査定価格も注意したい点で、査定をしてもらう時には不動産屋に依頼しますが、査定額が高いからといって、すぐに仲介契約をするのは望ましくありません。

全ての不動産業者とは限りませんが、仲介契約を結ぶ為にあえて高い査定額を出す場合があります。

不動産業者が高い査定を出し、その価格で売り出しにかけても、相場に不釣り合いな時には、中々売却出来ないという状態が懸念されます。

これを防ぐ為には、土地の一括査定をするサイトがあるので、そういったものを利用して、事前に相場などの情報を集めておくのも良い方法です。

そして、売却方法についても注意が必要で、仲介か買取のどちらを選ぶかによって、メリットやデメリットが変わってきます。

買取は、不動産業者に買取をしてもらうので、売却自体は完了しますがその分売却価格はかなり下がります。

仲介は、不動産業者が売り主に代わり買主を探すので、売れないケースもありますが、売却価格は高くなります。

これら以外にも、不動産売却時には様々な注意点があるので、急ぐ売却スタイルより専門業者と相談しながら、状況に合った売却方法を選ぶ事が大切です。

不動産を売却するときに気を付けておきたいことをピックアップ

不動産を売却するときに最も気になるのはやはり価格でしょう。

高値で売却できるのと、安値で売却してしまうのとでは大きな差があります。

そして、一般の方は仲介の不動産業者に依頼すれば、当然、最も高値で売却できるだろうと思われるでしょう。

が、事はそう簡単ではないんですね。

どういうことかというと、売主から依頼を受けた不動産会社は売主を代理する立場にあり、当然最も高値をつけた買主に売却すべきなのですが、
その買主が他の不動産会社の仲介による場合、売主側の仲介業者は、買主から仲介手数料を得られないので、その買主には売却せず、
自身が見つけてきた買主に売却させようとします。

たとえ少々値段が下がっても、一つの仲介業者が売主と買主、両方から仲介手数料を得られるということで
こういうあくどいことをしてしまうんですね。

物件の囲い込みといって、大手の不動産会社もやっていると報道されています。

そしてこういうことを防ぐために、物件のレインズ(流通サイト)への登録や、司法書士の業務拡大が行われています。

ただし、レインズはあくまで情報を載せているだけなので、そこまで囲い込みに対する改善に役立っていないようです。

逆に司法書士の業務拡大は効果てきめんです。

例えば、相続の依頼を受けた司法書士が、依頼者のための相続を実現したうえで、
その先にある不動産の売却代理業務として、司法書士が仲介業者と交渉してくれます。

物件の囲い込みはせず、仲介手数料も適正額を請求する、といったことです。

これは非常に大きいです。

司法書士とともに、売主のためになる不動産売却を実現しましょう。

コメントは受け付けていません。